東京から沖縄までの行き方!飛行機や時間は?フェリーは?最安値は?

交通
スポンサーリンク

日本の南国沖縄!
そんな沖縄へ旅行に行きたい!そんな人も多いはず!
今回は東京から沖縄へのアクセス方法を紹介します!
東京から沖縄へのアクセス方法は?
飛行機での所有時間は?最安値は?
東京から沖縄へのフェリーは?
ツアーは?距離は?などなど
東京から沖縄へのアクセス方法を紹介します!

スポンサーリンク

 

 

東京から沖縄へ《飛行機で行く!》

日本の南国リゾート地沖縄!

綺麗な海!暖かい気候!様々な観光スポトにグルメなど日本屈指の観光地沖縄!

 

そんな沖縄へ旅行へ行きたい!旅行へ行く!

という人も多いはず!

今回はそんな沖縄へ東京から行く方法を紹介します。

まずは一般的な飛行機で東京から沖縄へのアクセス方法を紹介します。

 

 

羽田空港・成田空港から行ける沖縄の空港

東京周辺には、
東京にある「羽田空港」と千葉県にある「成田空港」と離島にも空港があります。

今回は羽田空港・成田空港に絞って紹介します。

 

 

また沖縄には、
沖縄本島の『那覇空港』

◆石垣島にある『南ぬ島 石垣空港』

◆宮古島にある『宮古空港』

◆伊良部島の『みやこ下地島空港』

他にも「久米島空港」「北大東空港」「南大東空港」「多良間空港」「与那国空港」の空港と他にも運休中の空港もあります。

 

 

羽田空港からは「那覇空港」「石垣空港」「宮古空港」へ直行便で行くことができます。】

 

成田空港からは「那覇空港」「石垣空港」「みやこ下地島空港」へ直行便で行くことができます。】

 

 

羽田空港、成田空港共に「那覇空港」「石垣空港」へ行くことができます。

また羽田空港からは「宮古空港」
成田空港からは伊良部島にある「みやこ下地島空港」へ行くことができます。

 

羽田から宮古空港へは1日2便

成田空港からみやこ下地島空港へは1日1便が運行しています。

 

 

羽田空港・成田空港から沖縄へ運行している航空会社

羽田空港・成田空港から沖縄の空港まではどの航空会社が運行されているのでしょうか?

 

【羽田空港〜那覇空港】

ANA/JAL/スカイマーク/ジェットスター

 

【羽田空港〜石垣空港】

JTA(JAL)/ANA

 

【羽田空港〜宮古空港】

JTA(JAL)

 

 

【成田空港〜那覇空港】

ANA/JAL/ジェットスター/ピーチ

 

【成田空港〜石垣空港】

バニラエア

 

【成田空港〜みやこ下地島空港】

ジェットスター

 

 

羽田空港から那覇空港へは格安航空(LCC)と呼ばれる「ジェットスター」が運行しています。

また成田空港からも「ジェットスター」と「ピーチ」の格安航空が運行しています。

 

成田空港から石垣空港へはLCCの「バニラエア」
みやこ下地島空港へは「ジェットスター」が運行しています。

 

 

羽田空港/成田空港から沖縄各空港への所有時間は?

 

【那覇空港へ】
◆羽田空港〜 約2時間25分〜2時間55分
◆成田空港〜 約2時間45分〜3時間5分

 

【石垣空港へ】
◆羽田空港〜 約2時間50分
◆成田空港〜 約3時間40分

 

【宮古空港へ】
◆羽田空港〜 約2時間45分〜2時間50分

 

【みやこ下地島空港へ】
◆成田空港〜 約3時間

 

羽田空港/成田空港から沖縄へは約2時間30分〜3時間ほどで行くことができます!

 

 

1番安い航空会社は?

羽田空港または成田空港から1番安く沖縄の各空港へ行くことができる航空会社はどこなのでしょうか?

 

羽田空港から宮古空港はJTA(JAL)
成田空港から石垣空港はバニラエア
成田空港からみやこ下地島空港はジェットスターと

それぞれ1つの航空会社しか運行していないので必然的に上記の航空会社が一番安くなります。

 

 

基本的にはANAやJALを利用するより格安空港(LCC)を利用する方が安く沖縄へ行くことができます!

 

羽田空港から那覇空港へは、
LCCの「ジェットスター」と比較的安い「スカイマーク」が運行しています。

また成田空港から那覇空港へもLCCの「ジェットスター」と「ピーチ」が運行しています!

羽田空港から石垣空港へはANA、JALの運行しかないですが、成田空港からはLCCの「バニラエア」が運行しています。

 

 

繁忙期などを外せば片道4000円以下で那覇空港へ行くこともできます。

 

また国内線は基本的に予約が早ければ早い方が料金を抑えれる傾向にあり、
ANAやJALでも(21日前/28日前/45日前/55日前/75日前)などの早期購入割引を利用すれば
片道5000円台で利用することもできます!

 

 

東京から沖縄へ行く際は、
まずは早めに日程を決めてフライト付近の日にちでどの便が一番安いのかを検索してみましょう!

 

 

 

航空券比較サイトで比べてみる

出発地や行き先、日にちなどを入力すると各航空会社の一覧が出てきてその日の安い航空券を探してくれるサイトがあります。

そのままサイトからも予約することができとても便利!

 

出発の日にちや検討している日にちなどを参考に航空券比較サイトで検索してみましょう!

 

下記サイトで色々調べることができます!

 

スカイスキャナー

格安航空券予約はソラハピ

 

料金を抑えたい場合は、
旅行に行けそうな日が大体決まったらまずは検索してみて、
その日にち付近でどの便が一番安いのかを検索してみましょう!

 

 

 

東京から沖縄へ(フェリーで行く)

スポンサーリンク

上記では一般的な飛行機で東京から沖縄へ行く方法を紹介しました。

次は東京から沖縄へフェリーで行く方法を紹介します!

 

 

東京から沖縄までは旅客船の運行はなし

 

東京から沖縄までは以前「飛竜21」という旅客船が運行していましたが、2014年に休止になり現在は東京から沖縄までフェリーで行くことができなくなりました。

 

なので現段階では東京や関東圏から沖縄へフェリーで行くことはできません。

 

 

東京から沖縄へフェリーで行く場合は鹿児島で乗り換え

フェリーの旅行で沖縄へ行きたい!

そんな方も少なくないと思います。

 

現在他都道府県から沖縄へ行けるフェリーがあるのが
鹿児島だけになります。

 

なので東京から沖縄へフェリーで行きたい場合はまずは鹿児島まで行く必要があります。

鹿児島から沖縄までは『鹿児島新港』という港から
『A.LINE』『マリックスライン』が沖縄までフェリーを運行しています。

 

 

東京から鹿児島へ、
「新幹線」「JR」「車」「バス」「飛行機」などで行く、

東京からフェリーを利用したい場合は、
東京から福岡までフェリーで行き福岡から鹿児島まで「バスや電車」で行き、
鹿児島から沖縄までフェリーで行く方法になります。

 

 

 

東京から鹿児島まで新幹線

現在は東京から鹿児島まで新幹線で行く場合は、
「新大阪駅」または「博多駅」で新幹線の『みずほ』または『さくら』に乗り換え鹿児島に向かうことになります。

 

【所有時間】約6時間30分〜7時間35分

【料金】片道(自由席)28,820円

 

 

東京から福岡までフェリー

東京から福岡までは、
『オーシャン東九フェリー』が運航しています。

東京港フェリーターミナルから徳島港を経由して福岡の『新門司港(北九州市)』まで運航しています。

 

【所有時間】約12時間40分〜13時間

【料金】
◆片道 2名個室(最安室)15, 000円(時期により料金の変動あり)
◆片道車両料金 3m未満 25,640円/4m未満 32,840円/5m未満 40,040円/自転車 3,160円/原付 6,330円/バイク750cc以下 9,480円/バイク750cc以上 12,650円(時期により料金の変動あり)

オーシャン東九フェリーホームページ

 

 

新門司港(福岡県北九州市)から鹿児島新港まで

新門司港から鹿児島新港までは一度福岡中心部に行く必要があります。

電車でも行くことができるんでのですが、乗り換えがとても多くなるので
「博多バスターミナル」から乗り換えなしで「鹿児島新港」まで行ってくれる『高速バス 桜島号』がおすすめです!

 

新門司港から「JR門司駅」「JR小倉駅」へ無料の送迎バスが運航しています。

「JR小倉駅」から「博多駅前」まで行き博多駅から徒歩6分ほどで「博多バスターミナル」へ到着することができます。

 

また新門司港から鹿児島新港まで車やバイクで行く場合は、
高速道路を利用して約356㎞ 約4時間30分ほどです。

 

 

《博多バスターミナルから鹿児島新港(高速バス桜島号)》

【所有時間】約4時間50分(夜行便6時間22分)

【料金】片道5000円(夜行便片道6000円)

JR九州バスホームページ

 

 

鹿児島新港から沖縄まで

鹿児島新港から沖縄までは「A.LINE」「マリックスライン」のフェリーが運航しています。

沖縄へどちらのフェリーも「那覇港」と沖縄本島北部の「本部港」へ行くことができます。

 

 

【所有時間】
◆本部港まで約24時間40分
◆那覇港まで約25時間〜27時間

 

【料金】
◆本部港まで片道2等普通運賃 14,100円
◆那覇港まで片道2等普通運賃 15,030円
※時期により料金の変動あり。

 

【本部港まで車両料金】
3m未満:60,170円/4m未満:79.200円/5m未満:98,230円/自転車:2.850円/原付:5,700円/バイク:7,120円
※時期により料金の変動あり。

 

【那覇港まで車両運賃】
3m未満:65,000円/4m未満:85,640円/5m未満:106.280円m/自転車:2,850円/原付:5,700円/バイク:7,120円

 

A.LINEホームページ

マリックスラインホームページ

 

 

 

東京からフェリーで沖縄へ行く!まとめ

 

飛行機を使わず沖縄に行く場合は、

東京から鹿児島までの新幹線の料金が28,820円 時間が約6時間30分

そこからフェリーを利用して料金が15,030円 時間が約25時間

他の乗り換え料金や待ち時間をなくしても、
東京から鹿児島まで新幹線を利用した場合、
片道43,850円 時間が約31時間30分

 

 

東京から福岡までのフェリーが片道料金 15,000円 時間が約13時間

福岡から鹿児島までが高速バスで料金5000円 時間が約4時間50分

鹿児島から沖縄までのフェリー料金が15,030円 時間が約25時間

他の乗り換え料金や待ち時間をなくしても、
東京から福岡までフェリー/福岡から鹿児島まで高速バスを利用した場合、
片道35,030円 時間が42時間50分

 

 

東京から沖縄まで1番安く行けるのは?

上記では飛行機で沖縄へ行く方法とフェリーなどで沖縄へ行く方法を紹介しました。

では旅行会社のツアーなども含め東京から沖縄まで1番安く行ける方法はなんなのでしょうか?

 

東京から沖縄まで一番安く行けるのは飛行機!

飛行機よりフェリーなどの方が時間がかかっても安く行けるイメージがある方もいるかもしれませんが、

今は格安航空(LCC)などの普及で飛行機の方が安く行くことができます。

 

上記で紹介した飛行機を使わず東京から沖縄へ行く方法が、

◆東京から鹿児島まで新幹線を利用した場合、片道43,850円 

◆東京から福岡までフェリー/福岡から鹿児島まで高速バスを利用した場合、
片道35,030円

片道35000円以上かかってしまいます。

 

 

 

飛行機は時期などによってもかなり料金は変わってきますが、
安い時期であれば片道4000円を切るなど往復で1万円もかからない時もあります。

 

 

お盆時期やGW、年末年始などで予約もギリギリだと片道4万ほどかかってくることもありますが、それでも飛行機を使わないで沖縄に行くのとあまり変わらない値段です。

 

沖縄へ安く行くには予約をできるだけ早くして飛行機で行くのが一番安く沖縄へ行く方法になります。

 

 

ツアーと個人手配はどっちが安い?

ここで気になるのが個人で手配した旅行と旅行会社のフリーツアーを利用した場合どちらが安いのか。

 

 

これに関してはどっちが安い!とは断言できません。

一般的には繁忙期以外はツアーの方が安いという方もいますがそんなこともありません。

 

ある程度旅行の日程が決まってたら一度、
「旅行会社」と「飛行機+ホテル」の値段を見比べて見ましょう。

 

大手旅行会社のHISでは、
成田発着3日間18,800円〜のツアーなどもあります。

 

また沖縄はレンタカーがあるととても便利に観光を楽しむことができ、
フリーツアーでレンターカー付きのプランもとても多いです!

 

沖縄でレンタカーを利用する場合は、
ツアー料金の中にレンタカーが含まれているのかをチェックし、
個人手配で「飛行機の値段」+「ホテルの値段」+「レンタカーの値段」の合計とツアーの値段を比較して見ましょう!

 

 

フリーツアーと個人手配を計算!

実際にフリーツアーと個人手配ではどちらが安いのかを計算して見ました!

ぜひ参考にしてどちらが安いか見比べて見ましょう!

 

【比較条件】

◆成田空港発着 那覇空港利用(ツアー条件と合わせるため成田空港利用)
◆大人2名
◆HISの2泊3日最安値ツアーと比較(レンタカーなし)
◆調べた時期:8月2日(金)の1ヶ月後の9月2日(月)

 

 

【HIS(沖縄三日間18,200円〜108,00円のツアー)】

◆レンタカーなし(ベットオプションで手配可能)
◆利用ホテル:ホテルロイヤルオリオン(他同等クラスのホテル選択可能)
◆滞在中「那覇から美浜アメリカンビレッジやアウトレットあしびなー」へ行くことができるシャトルバスが無料で乗り放題。
料金:大人一人 27,300円 

 

この日のHISの安いツアーで大人2名54,600円

 

 

【個人手配(飛行機+ホテル)】

◆スカイスキャナーで9月2日(月)成田空港出発
9月4日(水)に那覇を出発し成田空港着の飛行機を検索!

 

最安値が行きが「ピーチ」14:40発 帰りが「ジェットスター」7:30発
往復大人一人:19,524円
大人2名合計が39,048円

 

しかし出発が14:40 帰りが7:30なので時間的に観光の時間が少なくなるのでもう少し時間がいい便を探します!

 

値段は高くなってしまいますが、
行きが「ピーチ」8:50発 帰りが「ANA」11:45発の便だと
往復大人一人:26,135円
大人二人合計:52,270円

 

 

◆HISと同じ「ホテルロイヤルオリオン」を楽天トラベルで検索。
最安値のホテルのプランが「首里城入場券/朝食バイキング付き」で
大人2名合計:27,112円

 

 

【個人手配合計】

大人2名の合計が
飛行機「52,270円」+ホテル「27,112円」=79,382円

飛行機を最安値にした場合は、
飛行機「39,048円」+ホテル「27,112円」=66,160円

 

 

【HISと個人手配を比較】

同じ条件で個人手配をした場合の最安値が『66,160円』
フライトの時間を配慮した場合は『79,382円』

HISのフリーツアーが54,600円

 

なので今回の条件の場合は、
個人手配の最安値よりHISの方が『11,560円』安くなります!

 

さらに値段を抑えたい方は、
ホテルのグレードをもっと下げて比較してみるなどの方法もあります!

またレンタカーを利用する際は「楽天トラベル」などのレンタカー比較サイトでレンタカーの料金を足してみましょう。

 

 

今回検索したのがフリーツアーの方が1万円以上やすくなりましたが、
検索する時期によってもかなり変わり、1万円以上、またはそれ以上どちらかが安くなることもあるので、
今回の比較の仕方を参考に比較してみましょう!

 

 

那覇空港から国際通り/美ら海水族館への行き方!

 

沖縄観光といえばまずは那覇の中心部「国際通り」へ行きたい!または「美ら海水族館」という人も多いと思います。

那覇空港から国際通り、美ら海水族館までのアクセス方法はこちらの記事をチェック!

◆那覇空港から国際通りまでの行き方!

◆那覇空港から美ら海水族館へのアクセス方法!

 

 

最後に

今回は東京から沖縄への行き方を紹介しました。

東京から沖縄へ行くには飛行機が一般的で一番安く行ける方法になります。

また旅行会社のフリーツアーと個人手配はどちらが必ず安いということもないので少しでも料金を抑えたい場合はしっかり比較して安い方を利用するようにしましょう!

今回の記事をぜひ参考に沖縄で素敵な思い出を作りましょう!

スポンサーリンク